メー・ナム解放 米国へ亡命

 昨日、『メー・ナム(マザー・マッシュルーム)』の愛称で知らるグエン・ゴック・ニュー・クイン氏が昨日2018年10月17日に刑務所から釈放され、そのまま政治亡命のため家族と共にアメリカに旅立った事が明らかとなりました。

アメリカ行きの機内で2年ぶりに我が子との対面を果たしたクイン氏

 ベトナムの著名な人権・社会問題ブロガーで、二児の母でもあるクイン氏は2016年10月、『反国家宣伝』の容疑でベトナム警察によって逮捕・訴追されます。そして2017年6月には裁判所より禁錮10年という常軌を逸した判決が言い渡され、その後1年以上に渡って不当に投獄されていました。(過去記事『近年最悪の言論弾圧: 人権ブロガーに禁錮10年』参照)

 今回クイン氏が刑期を8年残して釈放そして亡命に至った背景として、クイン氏を支援してきたベトナムブロガーネットワーク(MLBVN)は二つの要因を挙げています。
 一つはMLBVNメンバーおよび世界のベトナム人権組織が国連人権理事会や各国の人権機関に働きかけた事により、世界的にクイン氏の事件に注目が集まり、ベトナム政府に対し国際的な圧力が高まったこと。
 そしてもう一つが、アメリカが中国の実質的な衛星国であるベトナムの人権問題に介入する事で、同じく民主化や人権問題を不安定要素として抱える中国に対して揺さぶりをかける意図があったと論じています。アメリカ国務省はクイン氏逮捕後の2017年3月にクイン氏に「世界の勇気ある女性賞」を送るなど当初からクイン氏の事件に注目しており、さらに昨今アメリカと中国の貿易摩擦が深刻化した事で、アメリカ政府はクイン氏の亡命受け入れを早々に決定しました。
 またベトナム政府としても、国内にいる限り民主化運動の精神的なシンボルになりかねないクイン氏のような人物を、亡命という形で体よく国外追放する事には積極的でした。

[出典]
Dân Làm Báo: Cuộc vận động Tự Do cho Mẹ Nấm - Nguyễn Ngọc Như Quỳnh


ヒューマンライツウォッチ・アジア副所長フィル・ロバートソン氏は今回のクイン氏の釈放と亡命について、自身のFacebookで以下のように語っています。(引用: https://www.facebook.com/Reaproy/posts/10155469511690989)
「私たちはメー・ナムと彼女の家族が自由になったことを喜んでいますが、一方でこの一件はベトナム政府による新たな弾圧の手法を明らかにしました。それは偽の容疑で活動家を逮捕し、彼らを国民の権利の乱用者と非難し、社会的に吊るし上げて訴追し、そして馬鹿げた長期刑を宣告するというものです。そして数年にわたる獄中での凄惨な環境の中で囚人が希望を失い始めた頃合いを見計らって、自由になる見返りに国外に亡命するよう取引を持ち掛けるのです。こうしてハノイ政府は毎回、著名な活動家を葬ることにより国内の人権・民主化運動を分裂・崩壊させる事を目指しています。ベトナムは依然として東南アジアで最も抑圧的な国の一つであり、政府の統制下以外の団体に加わった、平和的な抗議を行った、あるいは単に自分の考えを口にしたというだけで今も100名以上の人々が政治犯として投獄されている事を忘れてはなりません。」

写真: Phil Robertson / Facebook

 現在メー・ナムのようにベトナム共産党政府の弾圧にって投獄されている良心の囚人は100名以上に上り、この人権蹂躙に対してはベトナム国内はもちろん、日本を含む海外在住ベトナム人も抗議の声を上げています。ベトナム政府が見せしめとして暴力による卑劣な弾圧に頼れば頼るほど、共産党独裁政権へのベトナム国民の反発は高まり続けています。

[関連記事]
グエン・ベト・ズン裁判

コメント

このブログの人気の投稿

ホーチミン市当局 カトリック難民街を強制立ち退き

早すぎる別れ