ヒューマンライツウォッチら 首相補佐官にベトナム人権問題への理解を求める

 日本在住ベトナム人権団体 青い海 for Vietnamの発表によると、ヒューマンライツウォッチジャパンおよび青い海の代表団は7月11日、自民党の柴山昌彦衆議院議員と会談し、昨今ベトナムで問題となっている経済特区計画サイバー治安法の問題について説明を行いました。柴山議員は現・内閣総理大臣補佐官、自民党筆頭副幹事長という日本政府の要職にある人物であり、メディアではほとんど報道されていない人権問題に関するベトナム国民の生の声について、日本国民・日本政府が注目するきっかけになればと期待されます。

画像: Aoi Umi for Vietnam / Facebook

 会談で代表団は、日本政府はベトナム政府に対し率先してベトナムにおける人権問題と市民の声、法の支配の重要性を強調し、そして日本政府はベトナム政府だけではなくベトナム国民の声に耳を傾ける必要があると訴えました。
 柴山議員はこれに対し、政府に抗議した人々へ加えられている暴力による弾圧と、ベトナム国民が自由を奪われている現状について強い懸念を表明するとともに、ベトナムにおける人権擁護と市民運動をすぐさま支援する旨を代表団に伝えました。
 日本政府はこれまで幾度もヒューマンライツウォッチや青い海からベトナムにおける人権問題の深刻さについて意見を聞き、その都度理解を示してきたものの、現ベトナム政府との協力体制を重視し、具体的な行動に出る事はありませんでした。
 今回、首相補佐官の立場にある柴山議員が公式に支援を表明した事について、青い海は「これは日本の重要なポストにある政治家によってベトナムの人々への支援が行われる最初の、かつ積極的なステップになる」とし、「我々は柴山議員に感謝するとともに、彼の先見性、清廉さを称えるものである」と賛辞を送っています。

 現在、日本政府はベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席を国賓として招待するなど、かつてないほど経済・防衛の面で現ベトナム政府と関係を重視していますが、そのせいで逆にベトナム政府が国民に対して行っている弾圧について見て見ぬふりを続けています。

参考:ヒューマンライツウォッチ 日本:ベトナムに人権尊重を求めるべき
https://www.hrw.org/ja/news/2018/05/28/318464

 また日本国内では労働人口の減少がすでに深刻化しており、技能実習生という名目で大量に斡旋されてくるベトナム人労働者に頼らざるを得ない実情があります。そのため自治体レベルでも美作市のように、ベトナム人労働者を優先的に斡旋してもらおうとベトナム大使館とその政治体制に対し異常なまで賛美を行う動きが始まっています。なお、こうしたベトナム政府関連団体が行っている実習生斡旋ビジネスは、多額の斡旋料目当てに自国の若者を海外に人身売買しているという側面もあり、これ自体が日本の政府・企業も直接関係している大変な人権問題だと言えます。これについては改めて記事にさせて頂きます。

コメント

このブログの人気の投稿

テレサ・チャン弁護士来日

ベトナム経済特区反対デモ

良心の囚人に捧げるクリスマス・チャリティー