新年のつどい

 今年最初の記事では、日本在住ベトナム人協会様が毎年開催している新年のつどい(Hội Xuân)をレポートしたします。この新年会は神奈川県藤沢市のカトリック藤沢教会で30年以上に渡って開催されており、普段は離れて暮らす在日ベトナム人の方々が年1度、一堂に会して同胞との絆を維持すると共に、地域の日本人との交流の場となってきました。


(暴力革命前の)ベトナム国旗の祭壇前で開会式が執り行われます。



以下、会を主催された日本在住ベトナム人協会会長
グェン・フォン・カィン氏の開会のお言葉です。

 毎年のようにこの場をお貸しいただき誠にありがとうございます。我々難民がこのような活動をさせて頂いている事に非常に感謝いたします。 
 と同時に、(異国の地で)難民として新年を迎える事については、複雑な思いもございます。1975年以来43年間、独裁政権の下でベトナムという国には自由と民主主義の無い状況が続いております。 
 このような現状ですが、我々はベトナムの自由と民主主義について話し合うこのような新年会を、日本だけなく、むしろベトナムで行えるよう、一緒に頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
グェン・フォン・カィン 


開会式の後は年長者から子供たちにお年玉をプレゼント!


しかし思ったより子供の数が少なかったので、残りは大人にもあげる事に。
皆さんウン十年ぶりのお年玉に大はしゃぎです。
僕もちゃっかり列に並んでお年玉もらっちゃいました(笑)


会場では関東各地のベトナム人コミュニティ―が集まり、
様々な手作りベトナム正月料理を販売しています。





僕は友人のところでチェー(お汁粉)売りをお手伝い



せっかくアオザイを着て行ったので、
ベトナム国旗の祭壇の前で記念撮影。
すごいお正月感のある絵になりました😚


行く前から分かっていたけど、会場内でアオザイ着てる人間は僕一人。
生来の目立ちたがり屋なので、しょうがない。


コメント

このブログの人気の投稿

テレサ・チャン弁護士来日

ベトナム経済特区反対デモ

良心の囚人に捧げるクリスマス・チャリティー