投稿

10月, 2017の投稿を表示しています

ファム・ミン・ホアン教授

イメージ
ファム・ミン・ホアン(Phạm Minh Hoàng)氏は元ホーチミン工科大学教授で、2010年に学生への講義の中で人権に関する内容を扱っただけで警察に逮捕され、2017年6月にはベトナム共産党政府によって市民権を剥奪され、国外追放となった人物です。
 そのホアン教授が来日し、東京で講演会を行うという知らせを受け、私もお話を伺うため参加させて頂きました。2017年10月22日、東京都品川区で開催された講演会には約50名の在日ベトナム人の方々が集まり、ホアン教授が体験したベトナム共産党政府による理不尽極まる弾圧と、氏が語る未来のベトナムへの展望について皆真剣に耳を傾けていました。

(写真: Việt Tân tại Nhật)
(写真: Việt Tân tại Nhật)

【ファム・ミン・ホアン教授の来歴】  1955年、ベトナム・ブンタウに生まれる。ベトナム戦争の最中に少年時代を過ごし、1968年のテト攻勢では、軍のトラックから大量の遺体が下ろされるのを目撃する。また父と兄がベトナム共和国軍兵士として軍務についていたが、兄は戦闘で両目を失明する障害を負う。この経験から、ホアン氏は祖国ベトナムの平和と発展に対する強い想いを抱く。    1973年、18歳の時にフランス・パリに留学する。しかしフランス留学中の1975年4月30日、共産軍の侵攻にサイゴンが陥落し、ベトナム共和国政府が消滅する。これによってベトナム共和国政府発行のパスポートが無効となった事に加え、ベトナム政府がハノイの共産主義政権に取って代わられたことで、ホアン氏は帰国を諦めフランス国籍を取得する。以後ホアン氏は2000年まで、25年間フランスで応用力学の学者・教員として勤務する。その間、1982年に結成された国際的なベトナム民主化運動組織 ベトナム革新党(ベトタン / Việt Tân)に加入する。

 その後、2000年にベトナムへの帰国が叶い、ホアン氏は以後10年間ホーチミン工科大学で応用数学の教授を務める。ホアン教授はベトナムの未来を担う若者たちを育てる事が自分にできる祖国への貢献と考え、大学では政治活動は行わず、あくまで匿名で個人のブログを運営するに留めていた。ホアン教授は、学生たちと共に過ごしたこの10年間が自分の人生で最も充実した日々であったと語っている。
 しかし、その日々は突如終わ…