投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

在日ベトナム人協会サマーキャンプ 1日目

イメージ
7月に在日ベトナム人の皆さんがお台場で行ったフォルモサ公害問題に抗議するハンガーストライキでご一緒させて頂いた際、他の参加者の方から、8月に毎年恒例のサマーキャンプがあるので来ませんか?とお誘い頂きました。という訳で、せっかくの機会なので僕も友人(日本生まれのベトナム人)と二人で1泊2日のキャンプに参加してきました。

このキャンプは在日ベトナム人協会(Hiệp Hội Người Việt tại Nhật)様が主催するサマーキャンプで、10年ほど前から東京都青梅市で毎年開催されています。遠い所では名古屋や大阪など日本各地から約100名の在日ベトナム人の皆さんが集まり、普段離れて暮らしている家族友人たちとの絆を深める会でもあります。
ちなみに、参加者100人のうち、日本人の参加者はおそらく僕を含めて3人。なので当日の司会進行は全てベトナム語で進められましたが、皆さん日本に住んでる方々なので日本語が通じますから、コミュニケーションには困りませんでした。


このキャンプは、在家仏教教団立正佼成会様のご厚意で、立正佼成会青梅練成道場をお借りして行われているため、施設には食堂や大浴場が完備されており、夜はビジターセンターで布団で寝る事が出来るなど、至りに尽くせりな環境です。 立正佼成会様は元々、ベトナム戦争中の1960年代からベトナム統一仏教会と共同で平和活動に取り組んでこられ、1975年の終戦後は、ベトナム共産党政権による弾圧から逃れボートピープルとして来日したベトナム難民の支援活動に尽力されました。その縁から、在日ベトナム人協会との友好は今日まで続いているそうです。

ベトナム戦争戦没者・戦後殉難者供養
このようにベトナム戦争と戦後の難民問題に長年携わった経緯から、キャンプの開催に際しては、立正佼成会会員の方々が、戦争や国外脱出・強制収容所などで犠牲となった数百万人のベトナム人への供養として、読経を捧げられました。 また2日間我々をお世話して下さった立正佼成会担当者の方は、当時のベトナム共和国(南ベトナム)ダラット郊外で建設が進められた水力発電用ダム ダニムダムに、設計工事を請け負った日本企業の職員として1965年から5年間も現地で工事に関わった方で、当時の貴重な体験を聞かせて頂く事が出来ました。中でもベトコンによるテロを警戒し、カンボジア軍(クメール国軍)の武装ヘリに…