グエン・ベト・ズン裁判

※この記事は別ブログに2015年12月23日に投稿した記事の改訂版です。


去る12月14日、今年4月に逮捕されて以来8ヶ月間も警察署に拘留されていたベトナム民主化運動ブロガーのグエン・ベト・ズン氏に対する裁判が、ハノイ市内のホアンキエム地区人民裁判所で行われました。
 グエン・ベト・ズン氏(ハンドルネーム: ズン・フィー・コ)は、僕と同い年で、1986年にゲアン省イェンタン地区ハウタンの貧しい農家の一人息子として生まれました。彼は子供の頃から聡明、勤勉で、友達思いの少年だったそうです。
 2004年にはゲアン省主席としてハノイ工科大学に入学しましたが、3年生の時に反中国デモに参加したために退学処分となりました。(反中デモは、ベトナム政府の望む時には奨励されるが、そうでない時は取り締まられる)
 その後、ズンは昨年2014年4月30日(サイゴン陥落の日)、旧ベトナム国旗(共産政権以前の伝統的な国旗)を自宅に掲揚したため、そのベトナム民族の旗が他の農民の目に入らないよう、治安部隊に自宅の周囲を封鎖されるという事態となりました。(違法行為ではなく、逮捕はされたが不起訴となった)
 強い人権意識と愛国心を持つズンは2015年4月2日、フェイスブックに民主化運動ページ『共和党(Đảng Cộng Hòa)』を設立。その1週間後の4月9日、仲間と共にハノイ市内で街路樹保護を訴えるデモに参加します。そしてデモ参加4日目の4月12日、ズンは他の4名の仲間と共に突如ホアンキエム警察署に逮捕されました。

【逮捕から現在までの経過】

2015年4月12日、ホアンキエム警察署に逮捕される。本来容疑者の逮捕は直ちに公にされるが、ハノイ警察は逮捕の事実を隠蔽する。(つまり法に則った逮捕ではなく、警察官による拉致に等しい)

4月19日、逮捕から1週間後にハノイ警察がズンの逮捕を公表。罪状はベトナム社会主義共和国刑法第245条に基づく『破壊活動』および『公共秩序騒乱罪』だったとする

4月20日、捜査の結果、違法行為がなかったため、ハノイ警察は刑法第245条の容疑を取り下げる(普通ならこの時点で釈放される)

同日、ハノイ警察は容疑を『精神障害による異常行動』に変更し、釈放せず。以後ズンらは8ヶ月間に渡り拘留され、拷問を含む厳しい取調べが行われる

ハノイ警察は再び『公共秩序騒乱罪』でズンらを起訴

12月14日、裁判開廷


▲逮捕当日のズンと4名の仲間(4月12日ハノイ)


▲息子の無実と解放を訴えるズンのご両親(ゲアン省)

▲ズンの弁護を引き受けた弁護士のレ・バン・ルアン氏(左)、チャン・チュー・ナム氏(右)は11月3日、ハノイ市内で7名の暴漢に襲撃され大怪我を負った

 ▲裁判開廷。ズンの解放を求め裁判所前で抗議する市民(12月14日ハノイ)
抗議に集まった市民の多くが、ズンの実家があるゲアンの貧しい農家の人々であった


▲市民らは警察官によって締め出され、裁判所前は閉鎖された。裁判所は今回の裁判を『公開裁判』と規定しているが、市民が傍聴席に座ることは許可されなかった

▲抗議に参加した三名の弁護士
チャン・チュー・ナム氏、グエン・カー・タイン氏、ボー・アン・ドン氏
ズンの弁護団の一人、チャン・チュー・ナム氏は裁判所から強制的に退場させられ、弁護はレ・バン・ルアン氏一人のみで行われた


そして、3時間足らずの裁判でズンに下された判決は懲役15ヶ月の有罪判決でした。
無実の市民を不法に拘束し、裁判まで8ヶ月間も拘留した上に、さらに15ヶ月間も投獄するという卑劣極まりないハノイ警察・ベトナム政府の姿勢に、私は憤りを
禁じえません。
また、こうした弾圧に晒されているのはズン一人ではありません。これまで数え切れない人々が、ベトナム国内で人権・民主化・言論の自由を訴えたがために、党に危険分子と見なされ逮捕・投獄されました。



しかし恥ずべき事に、日本ではこういったベトナム共産党政権による国民への弾圧は全くと言っていいほど知られていません。
本来、こういう報道はメディアや人権団体が行うべきなのですが、日本の言論界は呆れるを通り越して情けないくらいベトナム共産党びいきですし、日本国民もベトナム国内の問題になど興味ないので、ニュースになる見込みはありません。
それどころか日本国内の知識人は、右派・左派が一致してベトナム共産党を好意的に見ているのが現状です。
彼らの論調は、大まかに言えば、さしずめ以下の二点といったところでしょう。

・中国が嫌い・目障り!だから、中国と対立しているベトナムは親日!共に経済・防衛関係を発展させ中国に立ち向かいましょう!(日本の利益にならない話は興味ねーよ。面倒臭い話はそっちで勝手にやってくれ)

・アメリカを追い出した真の独立国!ホー・チ・ミンの気高い理想でベトナム国民は救われた!(理想の為には独裁政権や100万人の難民くらい仕方ないさ。それも過去にフランス・アメリカによる支配があったが故の結果で、政権が悪い訳じゃないさ。てゆーか、『坑米』の部分しか興味ないわ)

どちらにせよ、ベトナム国民の事なんてこれっぽっちも興味ないのは確かですな。

サイゴンに住むある若者は、私にこう訴えかけてきました。

M: 「なぜか欧米のメディアは、ベトナム戦争の頃から越共びいきなんだ。僕は奴らが憎いよ。民主主義国家に住む人間は、独裁政権がどんなに悲惨か想像できないんだ。外国人なんて旅行でちょっとベトナムを見ていくだけで、もう二度と来ないだろう。奴らは試しに、ベトナム・中国・北朝鮮に1年間住んでみればいいんだ。そしたら少しは利口になるさ。越共を支持する欧米メディアに、民主主義を享受する資格なんてないよ!」

私: 「日本のメディアも同じさ。奴らはアメリカを批判すること=知的だと思っていて、その為にあなたの国の不幸を利用しているのさ。奴らは「戦争反対!」と叫ぶ一方で、越共による20世紀後半最悪の『解放』戦争を支持していたんだもん。単に幼稚な正義感を振り回したいだけで、ベトナム国民のことなんて眼中にないよ。」

M: 「しかし、なんでIS(イスラム国)は非難されるのに、越共は支持されるんだ?やってる事はまるで同じなのに...」

私: 「ISは欧米人も殺すから問題視される。越共は自国民を殺すだけだから、欧米や日本は、何にも困らない。」

M: 「なるほど...」



偶然か必然か、私は日本に住みながら彼らベトナム人の過去・現在と関る機会を得ました。そして彼らの生の声を聞く度に、心が強く動かされます。
こうして記事を書く度に、ベトナム共産党の弾圧を逃れて難民として海外に脱出した在日・在米ベトナム人たち、そして今もベトナム本土に住む人々から、たくさんの感謝と励ましの声を頂きます。
幸運にもこの機会を得た以上は、世界中の誰も耳を貸さない、忘れ去られた彼らの声を代弁することは、私の使命であると考えています。

最後に、ズンが逮捕の直前に人々に向けて語った、ズンの好きなロックバンドGuns N' Rosesの歌詞の一文を紹介します。


"You can't trust freedom when it's not in your hands"
~自由を手にして初めて自由を信じられる~
Guns N' Roses - Civil War

コメント

このブログの人気の投稿

テレサ・チャン弁護士来日

ベトナム経済特区反対デモ

良心の囚人に捧げるクリスマス・チャリティー